畑岡奈紗へメッセージ続々 松山英樹「世界のトップ目指して」

畑岡プロ転向に石川遼ら激励

畑岡奈紗へメッセージ続々 松山英樹「世界のトップ目指して」

畑岡奈紗へメッセージ続々 松山英樹「世界のトップ目指して」

一番になる!両親と共にポーズを決める畑岡奈紗(撮影:ALBA)

「日本女子オープン」を17歳263日の史上最年少で制したアマチュアの畑岡奈紗が、10日(月)に都内でプロ転向を宣言した。日本最高峰タイトルを切れ味鋭いプレーで制し、翌週の「スタンレーレディス」でも優勝争いを演じるなど、多くの話題を振りまいた畑岡にはゴルフ界からも大きな反応があった。


松山英樹
「奈紗、日本女子オープン、そしてプロ転向おめでとう。これからプロの道を進んでいくと思うけど、お互い刺激し合って世界のトップ目指して頑張りましょう」

宮里藍
「畑岡奈紗ちゃん、日本女子オープン優勝おめでとうございます。素晴らしい快挙、奈紗ちゃんはじめ、ご家族の方も心からおめでとうございます。プロになるということでまだまだ17歳、大きな夢をもって素敵なプロになってください。またツアーで一緒にラウンドできることを楽しみにしてます。それまでお互い頑張りましょう!」

石川遼 (アマVからプロ転向)
僕が堂々と言えるレベルではないけれど、自分も世界に挑戦してる身なので彼女と違いはない。もっと世界のレベルに近づいていきたいと思っている1人。一緒に頑張っていきたい。畑岡さんのゴルフを少し見たけど、ポテンシャルが非常に高い。スイングのスピードがあって、アイアンのスピン量があるし高さも出る。ヘッドスピードは大きな武器になると思うので、球を曲げないというよりもアイアンで誰よりも止まる球を目指してほしい。最終18番のあのピンであそこに打ってこれたのはチョン・インジと畑岡さんでしたからね。今でもあの球が打てるので、これからもっと練習すれば、もっと世界のトップクラスの球が打てると思う。世間の人にとっては畑岡さん=あの球になるけど彼女自身は足りないところも自分で感じていると思うので、それをやっていけばいいと思う。向上心があれば何の問題もないと思う。

・中嶋常幸 (自身のアカデミーで畑岡を指導)
第1回目の合宿で感じたことは、あんまり目立つ子ではなかったが身体能力は高いということ。鍛えれば面白いと思っていた。そして教えているときに脇目をしない、しっかりと話を聞いている。そこに関心した。性格がスポーツ選手向き。スポーツ選手向きの性格とは、集中力、ポジティブ、現場を楽しむ力。簡単に言うと根性が座っている人だ。17〜18番あの場面を活き活きと力強くできる子が強い。

・チョン・インジ
お父さんともよく話したりしますし、TOTOジャパンクラシックにギャラリーとして来てくれると言っていました。知っている選手なのでとても嬉しいです。日本にも強い選手が多くいますし、またさらに増えた気がします。実際にプレーは見たことがないのでプレーの内容についてはわからないのですが、とても優しく良い人で、その優しさで幸せな気持ちにさせてくれます。

・小林浩美LPGA会長
すごい人がでてきました!腰の入ったスイングから生み出されるヘッドスピードがすごかった。そして今回、揺るぎない攻め方とともに帰ってきましたね。30年に1人の逸材だと思います。2013年から私たちはチャンスがある人は海外メジャー優勝、そして五輪での金メダルを目指してほしいと思っています。今は海外の試合もテレビで見られるし私たちの頃に比べて距離が近くなっています。働き方は色々ありますから、それぞれで頑張ってほしい。できれば両方で活躍して欲しいですが、本人の意思を尊重したいです。大きいチャンスをつかんでほしいですね。日米どちらでも活躍して欲しい。

・金谷拓実 (同級生でナショナルチーム)
テレビで見ててすごいなぁと思いました。海外勢に負けないパワーを持ってます。それに女子オープンの最後のパットを決めるあたりメンタルも相当強いですよね。ナショナルチームとかで練習とかを見ていてもコーチ(ガース・ジョーンズ)とかから吸収しようとする力がとてもすごい。(優勝したときは)おめでとうとLINEしました。ありがとう、といった返事でしたね。勝みなみちゃんの時もそうだったけど、「彼女たちにできるなら僕たちにもできる」と刺激になっています。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)