アダム・スコットの次は“若きゴルフ科学者” デシャンボーが『BSオープン』に参戦

アダム・スコットの次は“若きゴルフ科学者” デシャンボーが『BSオープン』に参戦

いま最も注目される若手、ブライソン・デシャンボー(撮影:GettyImages)

 10月20日(木)に開幕する国内男子ツアー『ブリヂストンオープン』。同社契約プロのブラント・スネデカーとブライソン・デシャンボー(ともに米国)が参戦すると発表された。


 2011年、2014年に続き、3度目の出場となるスネデカーは「ブリヂストンオープンに出場するのを楽しみにしています。ライダーカップでは3勝をあげる事ができ、この勢いをブリヂストンオープンに繋げていきたいと思います」。初出場となるデシャンボーは「日本に行くのは2回目ですがBSオープンの出場を楽しみにしています。日本の皆さんに私のプレーを見て頂きたいと思います」とコメントしている。

 アイアンの長さが全て同じにする“ワンレングスアイアン”をアマチュア時代から採用し、常識にとらわれず、合理性を追求するスタイルで注目を集めているデシャンボー。9月におこなわれた米国男子ツアー入れ替え戦「ウェブドットコムツアーファイナルズ」初戦「DAP選手権」でプロ初優勝。来季の出場権を確定させた、いま最も期待される若手のプレーに注目が集まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)