野村敏京が4打差7位T発進 引退式控える朴セリは1ラウンド終了後に棄権

野村敏京が4打差7位T発進 引退式控える朴セリは1ラウンド終了後に棄権

引退式を控えていた朴セリは大出遅れ…(写真は試合前会見)(撮影:GettyImages)

<LPGA KEBハナバンク選手権 初日◇13日◇スカイ72ゴルフクラブオーシャンコース(6,364ヤード・パー72)>

 韓国のスカイ72ゴルフクラブオーシャンコースで開幕した米国女子ツアーアジアシリーズ第3戦「LPGA KEBハナバンク選手権」。初日の競技が終わり、アメリカのアリソン・リーが7アンダーでトップに立っている。


 3打差4アンダーの2位タイにはアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)、チョ・ミンジョン(韓国)、キム・インキョン(韓国)、カリン・イシェール(フランス)、リゼット・サラス(米国)の5人。3アンダーの7位タイグループには野村敏京ほか5人がつけている。

 もう1人の日本勢・宮里美香は4オーバー・68位と出遅れ。今大会の第1ラウンド終了後に引退式が執り行われる予定となっている朴セリは8オーバー76位タイと最下位で初日のラウンドを終えると、そのまま棄権した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)