B・ラングが首位浮上!野村敏京は6打差13位で決勝Rへ

B・ラングが首位浮上!野村敏京は6打差13位で決勝Rへ

前日から6ランク下げ、13位Tで終えた野村敏京(撮影:GettyImages)

<LPGA KEBハナバンク選手権 2日目◇14日◇スカイ72ゴルフクラブオーシャンコース(6,364ヤード・パー72)>

 韓国のスカイ72ゴルフクラブオーシャンコースで開幕した米国女子ツアーアジアシリーズ第3戦「LPGA KEBハナバンク選手権」2日目。全選手がホールアウトをした。

 単独首位にトータル10アンダーで、今年の全米女子オープンで見事優勝をしたブリタニー・ラング(米国)が立っている。1打差トータル9アンダー2位には、前日トップに立っていたアリソン・リー(米国)。18番でボギーを叩いてしまい惜しくも首位の座を奪われた。  


 トータル7アンダー3位タイにはクリスティ・カー(米国)とパク・ソンヒョン(韓国)が立っており、トータル6アンダー5位タイにキム・インキョン(韓国)、カリン・イシェール(フランス)がつけている。

 日本勢では野村敏京がトータル4アンダーで13位タイと前日から6ランク下げ、宮里美香はトータル6オーバーで67位と前日に引き続き調子が上がらず苦しい展開となった。

 また、世界ランキング1位のリディア・コ(ニュージーランド)はトータルイーブンパーで33位タイにつけている。

【2日目の順位】
1位:ブリタニー・ラング(-10)
2位:アリソン・リー(-9)
3位T:クリスティ・カー(-7)
3位T:パク・ソンヒョン(-7)
5位T:キム・インキョン(-6)
5位T:カリン・イシェール(-6)
7位T:イ・ミンジ(-5)他
13位T:野村敏京(-4)他
33位T:リディア・コ(E)他
67位:宮里美香(+6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)