美人プロの驚きと緊張 アン・ソンジュ欠場でいきなり注目組

美人プロの驚きと緊張 アン・ソンジュ欠場でいきなり注目組

透明感が売りの藤崎莉歩 ゴルフ番組でも活躍中!(撮影:上山敬太)

<富士通レディース 初日◇14日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,635ヤード・パー72)>

 ウェイティング4番目で滑り込んだ本戦出場。初日を3アンダーの4位タイで終えた藤崎莉歩は出場の喜びと共に組み合わせに目を丸くしていた。


 「木曜日の夕方に電話したらウェイティング入っていて。先週優勝したアン・ソンジュさんのかわりだったのですごい組で…(笑)」。同組となったのは「日本女子オープン」の2位で注目度が上昇中の堀琴音と、ツアー通算7勝の成田美寿々。スタート時間も最もギャラリーが集まる表街道のど真ん中だった。

 予選ラウンドのペアリングはランキングや成績によって振り分けられるため、前週まで4試合連続で予選落ちを喫し賞金ランクも94位にとどまる藤崎の現状では考えられない位置。ところが、思わぬ注目組でスタートすると、気が付いたら4連続バーディで首位に立っていた。「いつもとは違う緊張感があって、いつも通りプレーしようと思っていたけど…上がってみたら4連続だったという感じで(笑)」。

 1番パー5でのバーディを皮切りに、2番も2メートルを沈めてバーディ。さらに3番、4番はともに7メートル近いロングパットが「入っちゃって(笑)」。フワフワした気持ちと共に順位も浮上。好スコアとツアーでも屈指の透明感ににわかに注目度が高まった中盤はボギーとバーディが交互に来る展開で停滞したものの、首位タイスタートを決めた堀と共にリズムよく18ホールを回りきった。

 今季はここまで24試合に出場するも「ヨネックスレディス」の20位タイが最高位と苦しいだけに「残り試合も少ないので最後のつもりで頑張って上位にいきたい」という思いは切実。だが、好位置で迎える週末に少し気持ちが前向きになれるのも、この日の注目組ラウンドが無関係ではない。「今日はいい緊張感で回れたので明日以降も。今日ほどは緊張しないと思います(笑)」。2打差で迎える2日目は永井花奈、大和笑莉奈と同組だ。


<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)