石川遼、ガマンの末に…最終ホールで会心チップインバーディ!

石川遼、ガマンの末に…最終ホールで会心チップインバーディ!

我慢の3日目をチップインバーディで締めくくった石川遼(撮影:福田文平)

<日本オープン 3日目◇15日◇狭山ゴルフ・クラブ(7,208ヤード・パー70)>

 国内男子メジャー「日本オープン」の3日目。14位タイから出た石川遼は3バーディ・4ボギーの“71”でラウンド。ムービングデーにスコアを伸ばすことができなかったが、トータル3オーバーで9位タイに浮上した。


 「苦しかったです。ティショットがフェアウェイにいかず、パーパットばかり打っていた」とこの日は我慢のゴルフに。アイアンショットには手ごたえがあったが、ティショットが安定せず思ったようにスコアを伸ばせなかった。

 しかし、最終ホールでは魅せた。3打目のアプローチ、「落しどころまで10ヤード、それから5ヤード。カラーにワンクッション入れて、イメージどおりに」打った一打はカップに吸い込まれチップインバーディ締め。大歓声が18番グリーンを覆った。

 石川も両手を広げたり、佐藤キャディとハイタッチをしたり、ガッツポーズを見せたりと全身で喜びを表した。ガマンし続けた末の会心のプレー、その高揚をギャラリーと分かち合った。

 首位の松山英樹とは7打差と逆転は厳しい状況に。しかし、「優勝争いは英樹次第。いかに2位グループまでいけるか。そこまでいくのも厳しいでしょうが」と勝負を諦めてはいない。「今日のパーパットが明日はバーディパットになるように」、最後まで前を向いて戦い続ける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)