日本で米国チャンピオンズツアー!「JAL選手権」2017年9月に開催

日本で米国チャンピオンズツアー!「JAL選手権」2017年9月に開催

会見に出席したトム・ワトソンとJAL社長植木氏(撮影:ALBA)

米国PGAツアーのシニア部門であるPGAチャンピオンズツアーは18日(火)、都内で記者会見を行い、2017年シーズンに新規トーナメント「JAPAN AIRLINES Championship」を9月8日(金)から10日(日)、千葉県にある成田ゴルフ倶楽部で開催することを発表した。会見には来日中のトム・ワトソン(米国)も出席し、新たなトーナメントの船出を彩った。


PGAチャンピオンズツアーのプレジデントを務めるグレゴリー・マクローリン氏は「112年ぶりにオリンピックでゴルフが復活した直後にこの発表をできるのは大変光栄」と会見でコメント。PGAツアーが世界戦略の一環で各国のローカルスポンサー探しを継続する中でJALとコンタクトしたことから、大会開催のプロジェクトが始動。多くのゴルフ場をリサーチした結果、過去にプロトーナメントを開催した経験もある成田GCが選定されたという。

トーナメントは60名のチャンピオンズツアーメンバーに加えて、日本から8名の特別推薦選手が出場する。推薦8名は「多くのフィードバックをもらった上で選定する(マクローリン氏)」と選定基準などは明らかにされなかった。競技は3日間で、水曜日と木曜日の2日間に渡ってプロアマ大会も実施される。

PGAチャンピオンズツアーにとっては、今大会を足掛かりにアジアでのトーナメント戦略を推進する思惑もある。マクローリン氏は「トウキョウで長くトーナメントを続けたいと思っている。アジアでもいくつかの大会候補がある。そこに向けても日本での大会は玄関口となるはずだ」と語った。

ワトソンは「日本に戻ってこられてうれしい。日本は何度も訪れているけどゴルフの精神を最も体現している国だと思う。ゴルフは尊敬の精神が大事。私は日本に来ると尊敬の文化を心から楽しむことができるんだ。来年また帰ってこられるのが楽しみ。成田でもしもクラモトサン(会見に同席した倉本昌弘)をやっつけることが出来たらいいね(笑)」とコメントした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)