3度目の正直へ 堀琴音の昨年の経験を活かした対策とは?

3度目の正直へ 堀琴音の昨年の経験を活かした対策とは?

地元・兵庫で悲願の優勝を狙う堀琴音(撮影:福田文平)

<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 事前情報◇19日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,523ヤード・パー72)>

 「日本女子オープン」、そして先週の「富士通レディース」と今月2度も優勝圏内で最終日を迎えながら初優勝に手が届いていない堀琴音。高校時代を過ごし今も住んでいる地元・兵庫での「マスターズGCレディース」で3度目の正直を目指す。


 今年優勝争いをした同じ兵庫で行われた大会「サントリーレディス」では自宅から通勤した堀だが、今週は今日からホテル住まいで挑む。「(サントリーの会場である)六甲国際とここでは30分ぐらい違うんですよ。その30分が大きい。私はウォーミングアップを宿舎で済ませてくるタイプなのでちょっと時間が空くと体が冷えてしまう可能性があるんです」。多少の出費となるが、万全を期すべく自宅と同県内に拠点を構えた。

 「調子はまぁまぁですし、回った感じだと私のようなドローヒッター向きのコースだと思います」。悲願の初優勝へ、できる限りの準備はやった。「もちろん頑張りたい思いはありますが、空回りしないようにしたい。まずは好位置で予選突破して、ですね」。最後は女子オープンの開幕前と同じ言葉で締めくくった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)