イ・ボミに原辰徳から“侍魂”注入「すごいエネルギーをもらった!」

イ・ボミに原辰徳から“侍魂”注入「すごいエネルギーをもらった!」

ジャイアンツカラーのウェアでプロアマ戦に挑んだイ・ボミは原氏からパワーをもらい優勝を目指す(撮影:福田文平)

<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 事前情報◇19日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,523ヤード・パー72)>

 20日(木)に開幕する「マスターズGCレディース」。前日となった19日(水)、同大会にホステスプロとして出場するイ・ボミ(開幕)がプロアマ戦に出場。大会名誉会長の延田久弐生氏、LPGA会長小林浩美氏、そして前読売巨人軍監督で2009年のWBCでは侍ジャパンを率いた原辰徳氏とのラウンドを楽しんだ。


 ボミが原氏と回るのは初めてではなく「2回目か3回目」。一緒の組になるたびに思うのはゴルフの上手さだ。「スイングがすごくきれい。自分の筋力をどう使ったら良いか分かってるんだと思います。曲がってもコース内にしっかりと収まっている」。いつ見ても58歳とは思えないスイングに驚くばかりだ。

 そして一緒に回るたびにパワーをもらえることも嬉しい。「いつもチームワークよく、とても楽しいラウンドができます。何よりも原さんから“頑張ってね”と言われると、それだけですごいエネルギーになります」。若大将からの檄は大事な大会に挑むうえで大きな活力となりそうだ。

 そんな終始リラックスムードの中で行われた18ホール。「今週はホステスなどのプレッシャーはあまり考えず、楽しんでやりたい」と考えているボミにとって今日のプロアマは最高の最終調整になったはずだ。

 ちなみにボミは今日オレンジのウェアで登場。とはいってもジャイアンツカラーという認識はなく「明るい色で楽しく回りたいと思って選んだら、みんなが“原さんに気を遣ったんだね、賢いね”って言ってくれました(笑)」とのこと。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)