LPGAプロテスト第2次予選に勝みなみが出場 黄金世代の一角・小祝さくらも同地区

LPGAプロテスト第2次予選に勝みなみが出場  黄金世代の一角・小祝さくらも同地区

“黄金世代”の筆頭、勝みなみ まずはこの3日間でどんなプレーを見せるか(撮影:佐々木啓)

LPGAプロテスト第2次予選・A地区の選考会が24日(木)より開幕。競技は6日間108ホールストロークプレー(3日間54ホールストロークプレーを2回)で行なわれ、ストロークをポイント換算し、成績順位を決定。A・B各地区の上位者が7月25日(火)から行われる最終プロテストに進出する。


本日23日(火)、初日の組み合わせが発表され、第2次予選から参加※の勝みなみは小滝水音、亘依子と、勝と同世代の小祝さくらは高島海帆、町田涼紗と同組となった。また、1次予選・A地区をトップで通過した原英莉花は吉川桃、真田来美と初日を回る。

なお、2次予選・B地区は5月10日(水)から3日間の競技を先行しており、渋野日向子がトータル10アンダー単独首位でフィニッシュ。大里桃子が2位タイ、新垣比菜が4位タイ、吉本ひかるが17位タイと注目選手が好位置につけている。

※勝は「日本女子オープン」のローアマチュアを獲得しているため、第1次予選の免除対象となる。免除条件は以下の通り。

以下の1から5のいずれかを満たす者
1 LPGAステップ・アップ・ツアー優勝者
2 2016年度最終プロテスト出場者
3 2017年度TPD単年登録者
4 過去3年間(2014年〜2016年)において、以下のaからcのいずれかに該当する者
a.日本女子オープンのローアマチュア
b.日本女子アマチュア選手権の優勝者
c.日本女子学生選手権の優勝者
5 上記の他、LPGAが承認した者

<ゴルフ情報ALBA.Net>