「世界1位よりも重要なことが見つかった」世界10位のジャン・ハナが米ツアーから撤退

「世界1位よりも重要なことが見つかった」世界10位のジャン・ハナが米ツアーから撤退

昨年の「TOTOジャパンクラシック」に出場したハナ 親日家としても知られる(撮影:米山聡明)

23日(火)、世界ランク10位のジャン・ハナ(韓国)がソウルでの記者会見を開き米ツアーから撤退することを発表した。


「世界一になることが唯一のゴールだったと思っていたけど、それ以上に重要なことがたくさんあることに気が付きました」とハナ。「米ツアーで4回勝ちましたが空虚さがありました。だから今回の決断を下しました。何故なら私にとって家族といることは世界のトップゴルファーになることよりも重要だったからです」と理由を語った。

2014年から米ツアーに参戦したハナは、2016年の「コーツ・ゴルフ選手権」で初優勝。今年も「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」で優勝するなど、米ツアーで通算4勝している。また、ウイニングパットを決めて歌手のビヨンセのダンスを披露するなどサービス精神が旺盛なことでも知られている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>