<中間速報>今平周吾は1オーバー86位Tと苦戦 ホストプロの武藤俊憲が首位浮上

<中間速報>今平周吾は1オーバー86位Tと苦戦 ホストプロの武藤俊憲が首位浮上

スコアメイクに苦しんでいる今平周吾、巻き返しはなるか(写真は前日のもの)(撮影:米山聡明)

<〜全英への道〜 ミズノオープン 初日◇25日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7,404ヤード・パー72)>

「全英オープン」出場権をかけた一戦、国内男子ツアー「〜全英への道〜 ミズノオープン」が岡山県のJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部で開幕。全選手が前半の競技を終え、ホストプロの武藤俊憲、岩田寛、ドンファン、キム・ヒョンソン(共に韓国)が6アンダーで首位に並んでいる。


1打差5位タイに宮本勝昌、重永亜斗夢、2打差7位タイには藤田寛之、薗田峻輔、時松隆光、増田伸洋、小斉平優和、チャン・キム(米国)ら10人が続いている。

先週の「関西オープン」でツアー初勝利を挙げた24歳・今平周吾は13ホールを消化し、1バーディ・2ボギーと苦戦。1オーバー86位タイと下位に沈んでいる。また、今季レギュラーツアー初出場のホスト・川岸良兼も最終ホール時点で1オーバー86位タイ、現・賞金ランク1位の宮里優作は後半4番時点で3アンダー17位タイにつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>