女タイガー!?立松里奈がコーチの故郷で日本ツアーデビュー

女タイガー!?立松里奈がコーチの故郷で日本ツアーデビュー

またまた注目のアマが登場!どんなプレーを見せてくれるのか(撮影:村上航)

<リゾートトラスト レディス 事前情報◇25日◇オークモントゴルフクラブ(6,538ヤード・パー72)>

26日(金)に開幕する国内女子ツアー「リゾートトラスト レディス」。昨年7月の「IMGA世界ジュニア」(13〜14歳の部)など、海外の大会で実績を積み上げてきた15歳の注目アマチュア、立松里奈が日本ツアーデビューをはたす。


立松は父がタイ人、母親が日本人で名古屋出身。3歳で父の故郷、タイに渡り現在はアメリカンスクール・オブ・バンコクに在学中。日本語、タイ語、英語、中国語と4ヶ国語を話せる才女でもある。会場となる奈良はプロを目指すきっかけになった中村映禅コーチの故郷。日本でのホームコースがあるのも同県で、推薦をもらったのを機にデビューの舞台に選んだという。

海外ではタイ人ハーフということから、“タイランド タイガー”と呼ばれる逸材。こう呼ばれることは恐縮しながらも、「自信になります」と笑顔をみせた。目標は「予選を通過して、ベストアマを獲りたいです」。日本でプロになり、「20歳で賞金女王を獲って、米ツアーにいきたい」と大志を抱いている。

親交のある大江香織は「タイでは有名人ですよ。スター性があると思います。上手いし、性格もいい。漫画から出てきた感じのような人です」と絶賛。現在、両手首の状態が思わしくなく、入念にテーピングをしてプレーしている。状態が心配ではあるが、世界で活躍するアマが日本ツアーでどんなプレーを見せてくれるのか興味深いところだ。

また今大会にはアマチュアながら2部ツアーで優勝した平塚新夢も出場。元気のいい2人が大会にフレッシュな風を吹かせてくれることを期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>