永井花奈、“流行の赤パター”で超ロングパットのバーディ締め

永井花奈、“流行の赤パター”で超ロングパットのバーディ締め

新兵器の赤パターがピタリ!カープ女子・永井花奈が3位Tの好発進(撮影:鈴木祥)

<リゾートトラスト レディス 初日◇26日◇オークモントゴルフクラブ(6,538ヤード・パー72)>

昨年のプロテストのトップ合格者、永井花奈がこの日6バーディ・1ボギーの“67”をマーク。首位と2打差の3位タイと好スタートを決めた。


最大の見せ場は最終18番。「右のカラーから20メートルぐらいありました」という3打目をパターでねじ込んでバーディ締め。「ラインはわからなかったのでまっすぐ打ちました」と思い切って打った超ロングパットでギャラリーを大いに沸かせた。

永井は今週からマスターズ覇者、セルヒオ・ガルシア(スペイン)ら米ツアーのプロも多数使用する『スパイダー ツアーレッド』を使用。色が赤で「見た目的にすごく変えづらかったけど、距離感も合ってたし前のも入ってなかったから気分転換に使ってみようと」。この決断が最後のバーディを呼び寄せた。

「良い感じなので、しばらくはこれでいこうかと」と先週までパターに悩んでいたそうだが、心強い新兵器を得た。なお、永井はプロ野球は広島東洋カープのファン。色的にも気にいったのかと思ったが「いや、それよりも入って!って思いしかないです」。やはり、色よりも機能、だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>