元・米賞金女王も沈痛… 宮里藍引退に「大切な存在だった」

元・米賞金女王も沈痛… 宮里藍引退に「大切な存在だった」

元・賞金女王のカリー・ウェブ(右)が宮里藍の引退についてコメントした(写真は2012年のCNカナディアンOP)(撮影:GettyImages)

米ツアー41勝。史上最年少となる26歳6か月でキャリア・グランドスラムを達成した元・賞金女王のカリー・ウェブ(オーストラリア)が、現地時間26日(金)に行われた「LPGAボルヴィック選手権」の第2ラウンド終了後に宮里藍の引退表明についてコメントした。


ウェブは「今日コースに来てから知りました。それほど遠い先のこととは思っていませんでしたが、今このタイミング、ということにはびっくりしています。残念ですね、寂しいです」とコメント。

宮里藍の名前を聞いてイメージすることは?という質問には、「まず思うのが『Happy』ということ。一緒にプレーしたときはいつも楽しかったし、本当にいい人で、LPGAにとってずっと大切な存在だった。本当に寂しくなりますが、連絡を絶やさないようにしたいですね」と、沈痛な面持ちで語っていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>