赤いクモが女子ツアーを席巻!? 3位の野澤真央も今週から使用

赤いクモが女子ツアーを席巻!? 3位の野澤真央も今週から使用

1打差3位につけた野澤真央 その手には赤いクモが!(撮影:鈴木祥)

<リゾートトラスト レディス 2日目◇27日◇オークモントゴルフクラブ(6,538ヤード・パー72)>

また、赤いパターを持つ選手が上位にきた。5位タイから出た野澤真央がこの日スコアを2つ伸ばし、トータル6アンダー3位に浮上した。


野澤は2015年にプロ入り、4月に開催されたステップアップツアー「パナソニックオープンレディース」を制し勢いにのる20歳のプレーヤーだ。この日はアイアンショットがブレてしまい、自己採点は「50点」。到底満足のいくプレーではなかったが、ショートゲームで耐えて上位に。大きな助けとなったのは昨日からぶっつけ本番で使用した『スパイダー ツアーレッド』だった。

開幕前日に「部屋で転がしてみていい感じでした。パターが良くなかったので」。ステップでもパターが入らず悩んでいたという野澤。これまで使っていたのは「センターシャフトのかまぼこ型」、かなり大胆な変更だが「構えた感じもぴったりきたし、コロがりもいいので」実戦投入は大成功だったといえそうだ。

アマチュア時代、2015年の「サイバーエージェントレディス」2日目に最終組でラウンド。「ド緊張して自分のゴルフができなかったけど、今は上だけを見て。ショットが修正できれば大丈夫だと思う。あとはカラ回りしないように」。ショートゲームは好調、あとは自分のショットを取り戻せるかが勝負だ。首位との差はわずか1打、ニューヒロイン誕生の可能性は十分ある。

<ゴルフ情報ALBA.Net>