韓国ツアー参戦中のアン・シネ、トータル3アンダー18位で決勝Rへ

韓国ツアー参戦中のアン・シネ、トータル3アンダー18位で決勝Rへ

3ストローク伸ばし、18位で決勝に進んだアン・シネ(写真はほけんの窓口レディス)(撮影:福田文平)

韓国女子ツアー「E1チャリティオープン」の2日目。先週の「斗山マッチプレー選手権」から続けて参戦したセクシー・クイーンことアン・シネ(韓国)はイーブンパー43位からスタート。スコアを3つ伸ばし、トータル3アンダー18位タイで決勝ラウンドに進出している。


トータル9アンダー単独首位にチョ・ジョンミン、2打差2位タイにキム・ジヨン、イ・ジヒョンが続いている。

昨年の日本ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」に出場したオ・ジヒョン(韓国)はスコアを3つ落とし、トータル2アンダー30位タイに後退。日本ツアーに参戦していた金ナリはトータル1アンダー40位タイ、ナ・ダエはこの日“78”の大叩きで、トータル6オーバー109位タイで予選落ちを喫している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)