日本からの全英枠残すは“1” 今平周吾、久保谷健一らが争う

日本からの全英枠残すは“1” 今平周吾、久保谷健一らが争う

今平周吾は残り1枠を掴むことができるのか(撮影:米山聡明)

<〜全英への道〜ミズノオープン 最終日◇28日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7,404ヤード・パー72)>

2011年以来6年ぶりに「全英オープン」出場4枠を海外勢が独占した「〜全英への道〜ミズノオープン」。加えて、宮里優作が次週「日本ゴルフツアー選手権 森ビル杯 ShishidoHills」までの賞金ランキング上位2名を確定させて、2年連続3回目のリンクス行きを決めた。


これで日本ツアーで残す枠は1つ。確定した宮里を除く「日本ゴルフツアー選手権 森ビル杯 ShishidoHills」までの賞金ランキング上位2名の枠を、賞金ランク2位の久保谷健一、同4位の今平周吾、同5位の藤本佳則らが争う。「日本ゴルフツアー選手権」の優勝賞金は3,000万円と高額なため、多くの選手に全英行きのチャンスが残されている。

今大会をトータル1アンダーの21位タイで終えた今平もこの日のラウンドに悔しさをにじませながら、次戦での全英行きに意気込む。「今日は全部がダメでしたね。来週頑張りたい。(宍戸は)ティショットとショートゲームがカギになる」とメジャーでの戦いを見すえた。通過を決めた宮里も「周吾も来週頑張って、久保谷さんとデッドヒートを繰り広げて欲しい」とエールを送った。

今大会終了時で日本ツアーからの出場者は10選手。うち日本勢は池田勇太、谷原秀人を加えた3選手となった。海外ツアーメンバーでは松山英樹も出場する。

【日本ツアーメンバーの全英オープン出場者】
池田勇太 2016年 国内ツアー賞金ランキング上位2人
谷原秀人 2016年 国内ツアー賞金ランキング上位2人
マシュー・グリフィン 2016年 オーストラレイジアツアー賞金ランキング1位
プラヤド・マークセン 「SMBCシンガポールオープン」上位4人
ソン・ヨンハン 「SMBCシンガポールオープン」上位4人
チャン・キム、マイケル・ヘンドリー、アダム・ブランド、キム・キョンテ 「ミズノオープン」上位4人
宮里優作 2017年 国内ツアー賞金ランキング上位2位



<ゴルフ情報ALBA.Net>