【WITB】8割スイングで平均320ヤード! C・キムの優勝ギア

【WITB】8割スイングで平均320ヤード! C・キムの優勝ギア

日本ハムの大田泰示に似ている!?C・キム(撮影:米山聡明)

先週開催された「〜全英への道〜 ミズノオープン」は、チャン・キム(米国)が2位に5打差を付けて悲願のツアー初勝利を飾った。


188センチ、108キロの巨躯から繰り出される飛距離は平均319.88ヤード。ところが、これは本人にとっては8割程度のスイング、しかも短尺ドライバーから生み出されているというのだから恐れ入る。

「ドライバーは昨年44インチにしていたんだけど、合わなくて以前使っていた長さ(43.5インチ)に戻して短くした。短い方が安心して振れるからね。(平均飛距離320ヤードと、もの凄い飛距離だが)いつも8割くらいで振っているよ」(C・キム)

2番アイアンはこれまで『iBlade』の2番を使っていたが、今週から『i200』の3番のロフトを立ててユーティリティ代わりに使用。「試合前に調整したら真っすぐしか行かなかった」と4、5ホールティショットで使用した。また『M2』の3Wも今週から投入。3日目にはティショットで320ヤードも飛んでしまい「飛びすぎ」とキャディと2人で爆笑していた。

そのエピソードのどれもが規格外だが、「キム選手は飛ばすことなど考えていない」と語るのは、今年の開幕戦でも練習ラウンドを伴にするなど親交があり、キムと同じPINGのクラブを長らく使用する中井学。キムのプレーヤーとしての特長をこう語る。

「日本ツアーを基準に考えれば、とんでもない飛ばし屋ということになるのでしょうが、彼自身が語るとおり、アメリカではこれぐらい飛ばす選手はたくさんいます。事実、彼が普段アメリカで練習しているプロ仲間は彼より飛ばしますからね。キム選手は飛ばしのことなど考えていません。振ればもっと飛ばせますが、ボールコントロールを重視しての勝利なのです。

去年は腰の怪我を抱えており、アダムスからPINGに契約が変わったばかりで本来の実力が発揮できていなかったのです。ボクも彼と似たタメの強いタイプなのでよく分かりますが、重心が深いPINGのドライバーだと、スピン量が多くやや吹き気味の弾道になってしまいます。でも、それがいい。彼は吹き気味の球が出るドライバーだからこそ、ヘッドの入射角度をきちんと管理して安定させることに集中できたのです。

腰が良くなったこともあるのですが、腕の捻れを極力抑えて体の回転でシンプルに打つスイングですから、慣性モーメントの大きなPINGのウッドだと致命的な曲がりとは無縁。また、PINGのアイアンに慣れてタテの距離感に集中できるようになり、一層隙のないプレーヤーになりました。開幕時に一緒に回ったときに、これなら複数回勝てるでしょって本人に言ったのですが、まんざらでもない様子でした。勝つのは時間の問題だったということです」。

なお中井によると、キムと回った練習ラウンドでは1ホールだけまぐれでオーバードライブできたとのこと。「同じクラブを使ってこれだけ飛距離差があると、ショートゲームを磨く以外に勝ち目はなくなりますね」と、痛感したとのこと。先週は全米オープンに続き、全英オープンの出場権も手に入れたキム。日本ハムの大田泰示似の大器がついに覚醒したようだ。


【チャン・キムのクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:PING G LSテック(9°、ツアーAD DI-7・X、43.5インチ)
3W:テーラーメイド M2(15°、ツアーAD DI-8・X)
2I:PING i200(USTマミヤ 85HY)
3I〜PW:PING I BLADEアイアン(DGツアーイシュー)
A,SW:タイトリスト ボーケイSM6(54,60°)
PT:PING アンサー シグマG
BALL:タイトリスト Pro V1x

<ゴルフ情報ALBA.Net>