“キュー楽にGO”!?面白帽子にド派手ウェアのA・キューが単独首位に

“キュー楽にGO”!?面白帽子にド派手ウェアのA・キューが単独首位に

オリジナル帽子、黄色のウェアと目立ちまくり!アンジェロ・キューが首位浮上(撮影:佐々木啓)

<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 2日目◇2日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(7,384ヤード・パー71)>

アジアツアーでは3勝を誇り、15年から日本ツアーに参戦しているアンジェロ・キュー(フィリピン)がこの日3バーディ・ノーボギーの“68”をマーク。スコアを3つ伸ばしトータル7アンダーで暫定首位に立った。


ティショットをラフに入れたのは1度だけ。「アイアンも良かったし、パターも良かった」とプレーが噛み合い難コースでノーボギー。「風の読みも上手くいった」とすべてが上々の日となった。

この日かぶっていた帽子には“気楽にGO!”の文字が。所属するティーセンスマネージメントで、マネージメントを担当する横山隆之氏と一緒につくったオリジナルもので、「ほかにもYAKINIKUとかがあります。焼肉好きだから(笑)」とバリエーションも豊富だという。“気”の文字のメの部分がQになっているなど、意外に芸の細かいこの帽子。これらは売りに出す予定もあるそうで「お金を稼がないと」と笑っていた。

ウェアがいつも派手で、遠くからでもすぐどこにいるか分かるのも特徴。ウェアのチョイスは「自分。とにかく明るい色が好きなんだ。黄色とか」と上下とも明るい色を合わせるのがキューの流儀。「でも、コースだけ。プライベートはもっぱら黒だよ」とコースの内外でファッションはがらりと変えているそうだ。

また、アイアンのライ角が「左にいかせたくないので」かなりフラットだったりと、ある意味特徴だらけ。この大会は6年連続で初優勝の選手が勝っているが、そのことを聞くと耳をふさぎ「意識はしない。自分はまだルーキーのつもりで戦います」と結果を意識せずに戦いたいと話していた。ここまで2日間は完璧なゴルフをしているキュー、陽気でサービス精神にもあふれるフィリピーノが今大会の台風の目となりそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>