難コンディションで7バーディ 西山ゆかりが首位に立てた2つの理由

難コンディションで7バーディ 西山ゆかりが首位に立てた2つの理由

今季2勝目のチャンス到来!西山ゆかりが短期決戦制覇に挑む(撮影:福田文平)

<ヨネックスレディスゴルフトーナメント 2日目◇2日◇ヨネックスカントリークラブ(6,423ヤード・パー72)>

初日の競技が中止となり36ホールの短縮競技となった今年の「ヨネックスレディス」。最初の18ホールで頭一つ抜け出したのは西山ゆかりだった。


西山は1番で3.5メートルを沈めてバーディを先行させると5番、6番、そして8番、9番と2度の連続バーディで一気にリーダーボードの頂点へ。後半はジャッジミスでダブルボギーを叩くなどスコアを3つ落としたが、アンダーパーが3人しか出ない難コンディションの中、2アンダーで単独首位に立った。

「今週は自分で整った感じがある」と調子の良さを自認していたが、その通りの好スタート。理由は2つ。1つは「パターのグリップを自分の好きな差し方にしてもらったこと。形状は変わってないんですけど、“フェースが見えないような感じ”にしてもらいました」。

もう1つがドライバーのシャフトの変更だ。「5月くらいからシャフトが軽く感じるようになってきたのでブリヂストンの方に相談して換えてもらいました。それによってスピン量が抑えられるようになりました」。強い風が吹く中でも吹き上がることなく、ティショットでしっかりと飛ばせたことも好発進の要因だ。

西山はこれまで2日間競技のステップ・アップ・ツアーで2勝。短期決戦に苦手意識はない。「レギュラーとステップで違う部分はありますが、2日間では特に1打1打を大切にしてプレーしていきたい」と語る。

目標の1つである複数回優勝に王手をかけた。「勝ちたい気持ちは強いです。その為に自分にできることを精一杯やりたい」と気合いは十分。「あとはお任せします!(笑)」と自然体で挑む。

【第1ラウンドの結果】
1位:西山ゆかり(-2)
2位T:飯島茜(-1)
2位T:藤本麻子(-1)
4位T:岡山絵里(E)
4位T:石井理緒(E)アマチュア
6位T:森田理香子(+1)
6位T:穴井詩(+1)
6位T:葭葉ルミ(+1)
6位T:蛭田みな美(+1)
6位T:イ・チヒ(+1)
6位T:堀琴音(+1)
6位T:イ・ナリ(+1)

<ゴルフ情報ALBA.Net>