グランドスラムより家族優先 フィル・ミケルソン、娘の卒業式出席で全米オープン欠場

グランドスラムより家族優先 フィル・ミケルソン、娘の卒業式出席で全米オープン欠場

全米オープン欠場を決めたミケルソン(撮影:GettyImages)

フィル・ミケルソン(米国)は6月15日から米国ウィコンシン州にあるエリンヒルズで行われる、海外男子メジャー第2戦「全米オープン」を娘のアマンダさんの高校卒業式のため欠場することを決めた。


メジャー5勝のミケルソンは「全米オープン」を勝てばすべてのメジャーを勝利するキャリアグランドスラムを達成することとなるが、家族のイベントを優先する決断を下した。

46歳となるビッグレフティはこれまでにも入学式のために大会直前に自宅に戻ってコースにとんぼがえりするなどするなど、何よりも家族との時間を大切にしてきた。16日には自身の誕生日も迎えるとあって、一家にとっては思い出深い1週間となりそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>