「ゴルフだけがすべてではない」 谷口徹が宮里藍を初生観戦

「ゴルフだけがすべてではない」 谷口徹が宮里藍を初生観戦

ツアー通算19勝、谷口徹から見る宮里藍のプレーは?(撮影:村上航)

<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 初日◇8日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,538ヤード・パー72)>

今季限りで引退表明をした宮里藍をひと目見ようと、「サントリーレディス」初日は昨年の倍以上となる6,700人余りのギャラリーが来場。その中にはツアー通算19勝を挙げる男子プロ、谷口徹の姿もあった。


「昨年もこの大会は見に来ていますが、藍ちゃんのプレーを見るのは初めてです」。今週、男子ツアーの試合は休みで、谷口は宮里藍と上田桃子の組を中心に、菊地絵理香ら親交のある女子プロのプレーを観戦した。谷口の存在に気がついたギャラリーからサイン攻めにもあった。「ボクも人気ありますね。(自分の)試合の時より多いですよ(笑)。これも藍ちゃん効果ですね」と、大ギャラリーの中にも人だかりができていた。

初めて宮里を生観戦した谷口は「やっぱりアプローチとパットがうまいね」と元世界ランキング1位のプレーを絶賛。引退に関しても「詳しい理由はわかりませんが、(モチベーションがなくなり)トップでやっていくのは難しいんでしょうね。まあゴルフだけがすべてではないですから」と語った。

ホールアウト後は握手を交わして宮里と談笑。ひと月ほど前に同じような光景があった。沖縄開催で宮里優作が優勝を飾った今年の「日本プロゴルフ選手権」に、宮里藍も応援に駆けつけた。予選ラウンドで長兄・聖志と同組で回った谷口にも「がんばってください」と藍がエールを送った。谷口は「藍ちゃん効果」もあり3日目を終えて単独首位。優勝は宮里優作に譲ったものの、3位タイに入り大会を盛り上げた。今回はその逆で、谷口が宮里にエールを送った。日本女子ツアーでは8年ぶりの優勝を目指す宮里にとって、絶大な後押しとなるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>