ステップVの吉本ひかるがトップ通過 新垣比菜も4位で3次へ プロテスト2次予選

ステップVの吉本ひかるがトップ通過 新垣比菜も4位で3次へ プロテスト2次予選

トップ通過を決めた吉本ひかる(写真は昨年のサマンサタバサレディース)(撮影:福田文平)

LPGAプロテスト第2次予選・B地区選考会の後半戦3日目が行われ、吉本ひかるがトータル7アンダーでトップ通過を決めた。


1打差の2位タイには脇元華と淺井咲希。トータル3アンダーの4位タイにはプロトーナメントでも活躍する新垣比菜のほか、吉音羽、坂下莉翔子、辻岡愛理が入った。

競技は6日間108ホールストロークプレー(3日間54ホールストロークプレーを2回)で行なわれ、ストロークをポイント換算し、成績順位を決定。A・B各地区の上位者が7月25日(火)から行われる最終プロテストに進出する。

昨年実績ではB各地区は49位タイまでに入った計54名が3次予選への切符を掴んでいる。

【最終結果】
1位T:吉本ひかる(-7)
2位T:脇元華(-6)
2位T:浅井咲希(-6)
4位T:辻岡愛理(-3)
4位T:新垣比菜(-3)
4位T:吉音羽(-3)
4位T:坂下莉翔子(-3)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)