早めのコース入りとデイのおかげ!?小平智、全米初挑戦で予選を突破

早めのコース入りとデイのおかげ!?小平智、全米初挑戦で予選を突破

小平智は3つ伸ばして2アンダーで予選通過!(撮影:岩本芳弘)

<全米オープン 2日目◇16日◇エリンヒルズ(7,741ヤード・パー72)>

憧れだったという全米オープンの舞台。小平智は初日61位とやや出遅れたが、この日は5バーディ・2ボギーの“69”をマーク。スコアを3つ伸ばし24位タイに浮上して、初挑戦で予選を突破し、決勝ラウンドに駒を進めた。


初日の後半から緊張も解け、自分のリズムを取り戻した小平。この日もそのいい流れを引き継ぎ、快調にスコアを伸ばし順位を大きく上げた。「すごいいいスコアで回ったという気分ではないです。やっぱり予選通過することが第1条件だったので」とまずは自身の決めた最低限の目標を達成した。

日本からショットが好調で、ここに来てパッティングも決まるようになってきた。また、先週の金曜日からコース入りし早めに調整したことも大きい。「日本と同じように」ホーム感覚で落ち着いてプレーすることができた。

また、日曜日一緒に練習ラウンドをした世界ランク3位のジェソン・デイ(オーストラリア)から練習ラウンドはハーフずつで体力を温存することを進められた。「あそこでいろいろな情報聞けたのはよかったと思いますし、やっぱり1ラウンドしていたら今日バテたかもしれないので。いい経験になってますね」。そのほかにも大きな刺激をくれたデイに感謝をしていた。

「予選を通ったので、あとは上行くだけ。ガンガン攻めて頑張りたいと思います」。あとは1つでも上の順位を目指し、残り2日間を戦い抜く。

<ゴルフ情報ALBA.Net>