大雨でパー5がパー3に レクシー・トンプソンが単独首位に浮上

大雨でパー5がパー3に レクシー・トンプソンが単独首位に浮上

単独首位に浮上したレクシー・トンプソン(撮影:GettyImages)

<マイヤーLPGAクラシック 3日目◇17日◇ブライズフィールドCC(6,451ヤード・パー71)>

米国女子ツアー「マイヤーLPGAクラシック」は朝方短時間に66ミリの雨が降り、5番ホール(パー5)のフェアウェイがアンプレヤブルとなったため、5番ホールは111ヤードのパー3としてプレー。第3ラウンドに限ってパー69での競技となった。その中でトータル15アンダーとしたレクシー・トンプソン(米国)が単独首位に浮上した。


1打差のトータル14アンダー2位タイにジェニー・シン、パク・スンヒョン(共に韓国)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、リーアン・ペース(南ア)がつけている。トータル12アンダーの6位にキム・ヒョージュ(韓国)。トータル11アンダーの7位タイグループに世界ランク2位に後退したリディア・コ(ニュージーランド)、ミシェル・ウィー(米国)、カルロタ・シガンダ(スペイン)、モリヤ・ジュタヌガーン(タイ)が続いている。

野村敏京は6バーディ・2ボギーの“65”で回り、トータル8アンダーの26位タイで最終日を迎えることとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>