宮里藍、日本での試合はまだ「1〜2試合はあるかもしれない」

宮里藍、日本での試合はまだ「1〜2試合はあるかもしれない」

藍、引退発表後初の米ツアーに臨む(写真はサントリーレディス)(撮影:GettyImages)

<ウォルマートNWアーカンソー選手権 事前情報◇21日◇ピナクルCC(6,331ヤード・パー71)>

宮里藍は23日(金)開幕の「ウォルマートNWアーカンソー選手権」で現役引退発表後初となる米女子ツアーの試合に挑む。開幕2日前のこの日は公式記者会見が行われた。


この大会は宮里が2012年に米で9勝目を挙げた思い出の舞台。「この大会は大好きです。とてもすばらしい運営ですし、地元の人々がとても大会をサポートしてくれています。いつもここへ帰って来られることは嬉しいし、今年もとてもエキサイトしています」と笑顔で話した。

米国でも宮里の引退に関する興味は高く、会見では多くの質問が海外の報道陣から飛んだ。2週間前のサントリーレディスについては「すばらしかったです。あんなにたくさんの人が来てくれるとは思っていませんでしたから。そしていつもの声援は“頑張って”とかだったんですが、今回は、“ありがとう”“おめでとう”という言葉で。それがとても感情的になりました」とコメント。日本での試合はサントリーで終わりかという問いには「いいえ、まだ決めていません。でもそんなにたくさんはないのは確かです。もしかしたら1〜2試合はあるかもしれないけど、決めていません」と回答した。

引退を発表して、「以前よりずっとゲームを楽しめると分かっているから。とても良い気持ちです」という宮里。米ツアーでの残り試合、これまでのよりも楽にリラックスした状態で戦いに臨むことができそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>