レジェンド不動裕理、今季初のアンダーパーにも「全部がそこそこ」

レジェンド不動裕理、今季初のアンダーパーにも「全部がそこそこ」

不動、プレーに手ごたえは感じなかったが…好スタート(撮影:福田文平)

<アース・モンダミンカップ 初日◇22日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,545ヤード・パー72)>

千葉県にあるカメリアヒルズカントリークラブを舞台に開幕した「アース・モンダミンカップ」。その初日、今季5試合目の出場となる不動裕理が4バーディ・ノーボギーの“68”でラウンド。4アンダーで首位と2打差の4位タイにつけた。


不動は出だしの1番で85ヤードからの3打目を1.5mにつけてバーディ発進。その後も3番では1.5m、14番では1mにつけるなどスコアを伸ばしてホールアウト。今季では初、昨年の「伊藤園レディス」2日目の“69”以来となるアンダーパーで18ホールを駆け抜けた。

それでも引き上げてきた表情はあっけらかんとした感じだ。「そんなに絶好調ではなくて、全部がそこそこ。手応えがそんなにないので、自分が一番大丈夫かなと心配があります」。ピンチらしいピンチはないノーボギーのラウンドだが、自身としてはまだまだと言ったところ。

とは言えカメリアヒルズカントリークラブはプライベートでホールインワンをした縁起の良いコース(15番)。この日のプレーを明日以降もできれば、さらに上も見えてくる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>