“ストップ、ハヌル”を宣言!鈴木愛が2打差4位タイ発進

“ストップ、ハヌル”を宣言!鈴木愛が2打差4位タイ発進

ハヌルは私が止める!鈴木愛が力強く宣言(撮影:福田文平)

<アース・モンダミンカップ 初日◇22日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6
、545ヤード・パー72)>

22日(木)に開幕した国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」。賞金ランキングで日本勢最高の3位につける鈴木愛が、首位と2打差の4位タイでフィニッシュ。女王争いのライバル、キム・ハヌル(韓国)の優勝阻止を宣言した。


前半は5バーディ・1ボギーの“32”という素晴らしいスコアに。しかし、後半はバーディを奪えず「もう少し行きたかった」と悔いの残るプレーに。特に17番でフェアウェイからのセカンドショットをバーディチャンスに繋げられなかった場面を「下手だな」と反省していた。

「後半であと3つは(バーディを)取りたかった」と鈴木。とはいえ、「調子の悪さからいえばいいラウンドだった」とスコアは満足がいくものだった。2日目に向けては、「調子が良かったパットはこのままで、アイアンはスイングではなくリズムをもう少し修正して臨みたい」と話した。

痛めているヒザの状態については「あまり良くない」と言いながらも、賞金ランキングで約3千万円差をつけられているハヌルが首位に立っていることについては、「何とか(優勝を)ストップしたい」。今大会は優勝賞金が3,240万円と前半戦最高額。日本勢の筆頭として、やすやすと勝たれるわけにはいかない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>