逆算よりも目の前の1打 “セクシークイーン流”カメリアヒルズ攻略法

逆算よりも目の前の1打 “セクシークイーン流”カメリアヒルズ攻略法

2ストローク伸ばしたアン・シネ、1打集中で上位を目指す(撮影:佐々木啓)

<アース・モンダミンカップ 2日目◇23日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,545ヤード・パー72)>

初日に日本ツアー参戦後で初となる60台を出したセクシー・クイーンことアン・シネ(韓国)。午前組でスタートした2日目も3バーディ・1ボギーの“70”とスコアを2つ伸ばし、トータル5アンダーの16位タイで予選を通過した。


「もったいないバーディパットが結構あった」と話す中でも安定感のあるプレーを見せられたのは編み出したコース攻略法の賜物だ。まずは全体的な部分を説明。

「このコースはシンプルなレイアウト。だからカップインから逆算して攻めるよりもティショットならティショットでフェアウェイの真ん中だけを考えて集中したほうが良いと思いました。グリーンは大きいので2打目はピンめがけて。ミスしたとしても、そこからのリカバリーに注力。あとはパターですね。とにかく目の前の1打1打に集中することが大事なコース」

また続けてホールごとは、「長いホールと短いホールがはっきりしているので、長いところでパーセーブ。短いところで攻撃的に行くことが大事だと考えます」。メリハリをつけたプレーを心がけたと話した。

残り2日間の目標を聞かれ「優勝がちらつきますが、今年はシードを獲るのが目標。だから無理をし過ぎず上位を目指していきたいと思います」と語ったシネ。明日も目の前の1打に集中して安定感のあるプレーを生み出していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>