3連覇かかるイ・ボミは未だ芝に慣れず 「めっちゃ恥ずかしかった」まさかの大ダフリも

3連覇かかるイ・ボミは未だ芝に慣れず 「めっちゃ恥ずかしかった」まさかの大ダフリも

イ・ボミもトホホと苦笑い 6番でまさかの…(撮影:佐々木啓)

<アース・モンダミンカップ 2日目◇23日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,545ヤード・パー72)>

史上4人目となる大会3連覇がかかるイ・ボミ(韓国)が伸び悩んでいる。「アース・モンダミンカップ」の2日目は3バーディ・1ボギーの“70”。トータル4アンダーとスコアを2つ伸ばすにとどまり、トータル4アンダー24位タイと上位浮上はならなかった。


前半1ボギーで折り返したボミ。後半で「ラフでもいけるところが増えてチャンスがあった」と3バーディを奪ったが、「短いバーディパットを外したところがいくつもあった」と伸ばしきれず。首位とは7打差と、大記録に向けて明日の猛チャージは絶対条件となった。

「ショットは良くなった」という中で、苦しんだのは初日同様グリーンスピード。「柔らかさ速さにまだ慣れていないので、もうちょっと慣れないといけない」。一昨年、去年とことごとく決めていたカメリアヒルズのグリーンスピードの幻影はまだ残っている。

また、今日は珍プレーも。6番パー4の2打目。残り180ヤードのアゲインストで「強く右に打ちたい」と25度のUTで放った打球はまさかの大ダフリ。50ヤード以上ショートした。そこから2mに寄せてパーを獲る辺りはさすがの一言だが、「めっちゃ恥ずかしかったです。ちょっとの風でも体に力が入ってしまうのは体力が落ちているからかもしれません」と苦笑した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>