弟子・香妻琴乃に贈る中島弘二のエージシュート

弟子・香妻琴乃に贈る中島弘二のエージシュート

安定したショットが武器の中島(撮影:ALBA)

60歳以上と68歳以上のプロが参加する「日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権 ゴルフパートナーカップ」が開幕。68歳以上のプロが出場するゴールドシニアの部門で首位タイに並んだのが、71歳で“71”をマークしてエージシュートを達成した中島弘二だった。


前半で4バーディを記録した後、後半に3ボギーを叩いたが、71にまとめてエージシュートを達成。昨年の優勝者は2連覇に向けて手ごたえを感じていたようだ。「ゴルフは心理面が大事です。自分のプレーができればいいです。コースに気持ちが負けてしまうと、コースも狭く感じてしまい負けてしまいます。自分を出せればいいと思います」と心理面の大切さを説いた。

実は中島は女子ツアーで活躍する香妻琴乃の師匠でもある。師匠は可愛い弟子へ向けての激励のメッセージとしてエージシュートを達成できてよかったとも語る。「やはりツアープロとして結果を出すのも、心理面が非常に大切だと思います。彼女もいいものを持っていますので、昨年シード落ちして苦しんでいますが、心を整理して自分のものを出せれば結果は出ると思います」(中島)

現在同じ千葉県で行われている「アースモンダミン・カップ」に出場する弟子への激励として、自分が優勝したいという想いは強い。2連覇という結果を見せて、師匠から弟子へと贈る最高のプレゼントを用意するつもりだ。

【初日の順位】
1位:佐野修一(-1)
海老原清治(-1)
中島弘二(-1)
4位:菊一利彦(E)

<ゴルフ情報ALBA.Net>