成田美寿々、単独首位から転落も「明日は爆発して脅かす」

成田美寿々、単独首位から転落も「明日は爆発して脅かす」

パッティングにも苦しみ後退した成田 最終日の巻き返しはなるか(撮影:佐々木啓)

<アース・モンダミンカップ 3日目◇24日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,545ヤード・パー72)>

「自分的には日本勢でトップの2人だと思うので、その間に割って入りたい」と意気込んで迎えた第3ラウンド。越えるべき壁とリスペクトする鈴木愛、笠りつ子の2人に対し、1打差の単独トップでスタートした成田美寿々だったが、“75”とスコアを崩し首位と7打差の7位タイまで後退した。


1番、2番で連続バーディを奪うなど、スタートは順調だった。「いいかなと思ったけど、4番の3パットが…」。ショートホールの4番を3パットでボギーとすると、その後まさかの3連続ボギー。ここまでの2日間で、ダブルボギーとボギーが1つずつだったのが、この日のラウンドだけで7つのボギーを喫した。

「いいパットの時はラインが違うし、ラインがあっている時はミスヒットが多くて、入る気がしなかった」と、2日目まで好調だったパットの急変に唇をかんだ。今季開幕前からパッティングコーチを務めている南秀樹氏から、「手先ではなくクラブの重みと体でゆっくり打つ」というアドバイスを受け、第2ラウンドをノーボギーでまわっていたが、そのいいリズムも1日で崩れてしまった。

プレーを見守った南氏は、「4番でカップに蹴られてからですね。今日はタッチがあっていなかったし、グリーンのスピードの変化への対応もできていなかった」と、愛弟子のプレーに表情をしかめた。

「ドライバーが2回しかフェアウェイに行かず、寄らず入らずとすべてが悪かった」とこの日のプレーを振り返り、「今日は完敗でした」と肩を落とした成田だったが、もちろんこのまま終わる気はさらさらない。「まだまだやれたと思う。まだ1日ある」と言う南氏のプッシュを受け、「今日も4つバーディが獲れて8アンダーでとどまれた。明日は爆発して(上位陣を)脅かしたい」と、精悍な顔つきをさらに引き締めた。

【3日目の順位】
1位:鈴木愛(-15)
2位:三ヶ島かな(-14)
3位:笠りつ子(-12)
4位:ペ・ヒギョン(-10)
5位T:イ・ボミ(-9)
5位T:森田遥(-9)
7位T:セキ・ユウティン(-8)
7位T:黄アルム(-8)
7位T:武尾咲希(-8)
7位T:ユン・チェヨン(-8)
7位T:成田美寿々(-8)

20位T:アン・シネ(-6)他
33位T:キム・ハヌル(-4)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>