鈴木愛が劇的バーディフィニッシュで今季2勝目!「心臓が飛び出るかと思った(笑)」

鈴木愛が劇的バーディフィニッシュで今季2勝目!「心臓が飛び出るかと思った(笑)」

激戦を制した鈴木愛、ツアー5勝目を噛みしめた(撮影:福田文平)

<アース・モンダミンカップ 最終日◇25日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,545ヤード・パー72)>

最終日を迎えた国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」。15アンダー単独首位から出た鈴木愛が4バーディ・1ボギーの“69”でプレーし、トータル18アンダーでトーナメントリーダーを堅守。三ヶ島かなの猛追を振り切り、今季2勝目を挙げた。


朝から降った強い雨に多くの選手が苦しむ中、鈴木は2ストローク伸ばしハーフターンを迎える。しかし、後半17番ではこの日初のボギーを叩き、2位の三ヶ島と1打差に迫られる。それでも、外せばプレーオフという最終18番、約6mのバーディパットを沈めて見せ、劇的な勝利でツアー通算5勝目を飾った。

表彰式のスピーチでは「雨の中でもギャラリーの皆さまが応戦して下さったので、私もいいプレーができたと思います。最後(のバーディパット)は緊張して心臓が飛び出るかと思いましたが、今は収まりました(笑)」と、“鈴木節”で優勝の喜びを露わにしていた。

プロ初勝利を狙った三ヶ島は、最後まで鈴木を脅かす猛追。鈴木の前に打ったバーディパットを沈めて一時は首位に並ぶなど、20歳の新鋭はギャラリーを最後まで沸かせていた。

大会3連覇を狙ったイ・ボミ(韓国)はトータル10アンダー7位タイ。日本ツアー3戦目のアン・シネ(韓国)は自身ベストとなるトータル7アンダー16位タイでフィニッシュ。次戦は7月の「ニッポンハムレディス」を予定している。

【最終日の結果】
優勝:鈴木愛(-18)
2位:三ヶ島かな(-17)
3位:笠りつ子(-14)
4位:堀琴音(-13)
5位:不動裕理(-12)
6位:森田遥(-11)
7位T:イ・ボミ(-10)
7位T:ユン・チェヨン(-10)
7位T:香妻琴乃(-10)

16位T:アン・シネ(-7)他