涼しいセクシーウェアでカムバック!アン・シネは手応えと共に北海道へ

涼しいセクシーウェアでカムバック!アン・シネは手応えと共に北海道へ

確かな手ごたえを得た4日間、アン・シネの更なる躍動に期待がかかる(撮影:佐々木啓)

<アース・モンダミンカップ 最終日◇25日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,545ヤード・パー72)>

日本3戦目は収穫アリの4日間となった。「アース・モンダミンカップ」最終日、アン・シネ(韓国)は、3バーディ・2ボギーの“71”とスコアを1つ伸ばし、トータル7アンダーの16位タイでフィニッシュした。


朝から強い雨が降るコンディションにさすがのセクシー・クイーンもレインウェアを着用。「合羽は通気性が良くないのでとても暑かった」と3番、6番でボギーと苦しんだが、「5番か6番くらいでまず上を脱いで。9番で“もう大丈夫”と思ってズボンも脱いだ」といつもの涼しげなミントブルーのセクシーウェアに戻ると、折り返してすぐの10番で5mを沈めてバーディ。さらに1つ伸ばして迎えた18番では残り約120ヤードから1mにピタリ。会心のバーディフィニッシュで日本ツアー参戦後の最高位となる16位で戦いを終えた。

4日間いずれもアンダーパーとかなり日本の水に慣れてきたように感じるが、本人としてはまだまだらしい。「今週のプレーは完ぺきとは言えません。ショットもまだまだでした。ここからショット感が戻ってくればもっと良い成績を出せると思う。修正できればもっとやっていけるかなと思います」。手応え以上に伸びしろを感じた一週間だった。

「次は再来週のニッポンハムレディスクラシックに出場します。来週のオープンウィークで休みながら今週もらった宿題に取り組みたいです。課題は飛距離。まっすぐ飛ばすことも大事ですが、もう少し飛ばしたいですね。見えた部分もあるので修正したい」と話しクラブハウスを後にした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>