「自作自演(笑)」で劇的V!鈴木愛が4日間大会の日本勢連敗を“7”でストップ

「自作自演(笑)」で劇的V!鈴木愛が4日間大会の日本勢連敗を“7”でストップ

ウイニングパットをねじ込み、拳を握りしめた鈴木愛(撮影:福田文平)

<アース・モンダミンカップ 最終日◇25日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,545ヤード・パー72)>

これまでの3日間とは一転、悪天候の中行われた「アース・モンダミンカップ」最終日。最後に笑ったのは鈴木愛だった。


前半は賞金ランク日本勢最上位につける23歳の横綱相撲だった。1番でバーディを獲った三ヶ島かなに追いつかれたが、2番で4mを沈めて再び引き離すと、その後も安定したゴルフを見せると折り返しての14番では8mを沈め、忍び寄る三ヶ島かなにプレッシャーを懸けた。

異変が起きたのは2打差で迎えた17番。2打目を1mにつけると、三ヶ島のバーディパットは届かず。勝負ありかと思ったところで、「体が思うように動かなかった。思ったより強く入ってしまった」と3打目、4打目共にカップに蹴られてまさかの3パット。リードを広げるどころか縮められてしまう。

バーディを獲りたい最終18番パー5。それぞれ3打目を三ヶ島は11m、鈴木は6mにつける。すると先に打った三ヶ島がこのパットをねじ込みバーディ。並ばれてしまい、鈴木自身も「これはプレーオフだな」と思った。

だが、そこは千両役者。最後に平均パット1位の武器で魅せた。嫌な雰囲気が漂う中、ややスライスの難しいラインをねじ込み勝負アリ。右手を何度も天に掲げて、勝利の美酒に酔った。

「またしても自作自演の優勝でした(笑)」と自虐気味に語った鈴木。「中京の時もそうだし(パー以上で優勝という最終ホールでフチの岩からのアプローチを強いられてボギー。プレーオフで優勝)、なんとなく(自分で苦しめるのが)パターン化してきている。もうちょっと楽に勝てるように対策しないといけないですね」と反省が口を突いた。だが、それは同時に苦しい状況を乗り越えられる強さの証明でもある。

もう1つ、鈴木の強さを補足するパラメータが、5勝中3勝を“本当に実力がないと勝てない”と言われる4日間大会で挙げているということ。さらに内2勝はメジャーだ。「4日間大会は好きですね。3日間だと予選で良いスコアを出さないと優勝争いに絡めないけど、4日間なら予選でそれなりの位置にいられればチャンスがある。戦い方を組み立てやすい」。

鈴木は昨年の「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」で自身が優勝した2014年の大会以降続いた海外勢の公式戦連勝を“7”で止め、今日の勝利では昨年の「日本女子オープン」以降続いていた海外勢の4日間大会での連勝を“7”で止めたことも忘れてはならない。

来月には「全米女子オープン」、「全英リコー女子オープン」と2つの海外メジャーに挑む。「そこに向けてしっかりと調整したい。世界でどれだけ通用するかが重要ですから」。これでツアーは1週間のオープンウィークに入るが、日本のエースに休む暇はなさそうだ。

【2016年の4日間大会優勝者】
ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント:テレサ・ルー
ヤマハレディースオープン葛城:李知姫
ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ:レクシー・トンプソン
サントリーレディスオープンゴルフトーナメント:姜秀衍
アース・モンダミンカップ:イ・ボミ
ニトリレディス:笠りつ子
日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯:鈴木愛
日本女子オープン:畑岡奈紗
NOBUTA GROUP マスターズGCレディース:全美貞
大王製紙エリエールレディス:テレサ・ルー
LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ:キム・ハヌル

【2017年の4日間大会優勝者】
ダイキンオーキッドレディス:アン・ソンジュ
ヤマハレディース:イ・ミニョン
ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ:キム・ハヌル
サントリーレディス:キム・ハヌル
アース・モンダミンカップ:鈴木愛

<ゴルフ情報ALBA.Net>