最後まで食らいつくも…三ヶ島かなは1打及ばず涙「愛さんの方が強かった」

最後まで食らいつくも…三ヶ島かなは1打及ばず涙「愛さんの方が強かった」

1打及ばず涙… 三ヶ島かなは最後までメジャー覇者に食らいついた(撮影:福田文平)

<アース・モンダミンカップ 最終日◇25日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,545ヤード・パー72)>

「アース・モンダミンカップ」で悲願のツアー初優勝を目指し1打差の2位からスタートした三ヶ島かな。だが、鈴木愛に1打及ばず2位で激闘を終えた。


未勝利の20歳は最後までメジャーチャンプに食らいついた。1番でバーディを奪いトップに追いつくとその後も「緊張してショットがバラバラだった」と言う状態の中、必死にプレーし2打差で折り返す。

すると、共に14番でバーディを奪い2打差のまま迎えた17番。三ヶ島は6mのバーディパットを外し諦めかけていたが、鈴木が1mからまさかの3パット。「まだチャンスある。最後までやろう」と息を吹き返す。

18番パー5では3打目を寄せられずボールはカラーへ。ピンまで11mと距離があった。対する鈴木もピンまで6mとチャンスとは言い難かった。「スライスの結構切れるライン。入ったらご褒美だと思った」という4打目は導かれるようにカップへ。土壇場で追いつき、右手で何度も小さくガッツポーズした。

しかし反撃もここまで。鈴木が6mを入れ返し、プレーオフにもつれることなく試合の幕は閉じた。クラブハウスに引き上げてきた三ヶ島は「悔しいです」と話しながら何度も涙をすすっていた。「愛さんの方が強かったということ」と唇を噛んだ。

試合で涙を流したのは高校3年生の最後の大会、「九州ジュニア」の最終日・最終ホールでダボを叩き優勝を逃した時以来。その教訓があるからこそ今がある。今日の勝利も糧にして、悲願の初勝利へとつなげたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>