鈴木愛がMVPレース2番手に浮上 首位キム・ハヌルと50pt差

鈴木愛がMVPレース2番手に浮上 首位キム・ハヌルと50pt差

今週もMVPレース首位を堅守したキム・ハヌル、対抗馬はいつ現れるか(撮影:福田文平)

<メルセデスランキング>

国内女子ツアー競技の各大会での順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するメルセデス・ランキング。1位(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の選手には、翌シーズンからの3年シードを付与される。


1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。先週に行われた前半戦のラストゲーム「アース・モンダミンカップ」終了時の最新ランキングが発表され、同大会で今季2勝目を挙げた鈴木愛が49ptを加算。首位のキム・ハヌル(韓国)に50pt差と迫る2位に浮上している。

3位からはイ・ミニョン(韓国)、テレサ・ルー(台湾)、全美貞(韓国)と続き、トップ5は鈴木愛以外、海外勢が占める。日本勢2番手は6位の上田桃子、3番手に7位の川岸史果と続いている。昨年のイ・ボミ(韓国)同様、ハヌルの独走態勢が築かれているが、その牙城を崩す選手は現れるか。後半レースの行方も注目だ。

【メルセデスランキング】
1位:キム・ハヌル(292.5pt)
2位:鈴木愛(242.5pt)
3位:イ・ミニョン(230.0pt)
4位:テレサ・ルー(221.0pt)
5位:全美貞(211.0pt)
6位:上田桃子(202.5pt)
7位:川岸史果(193.5pt)
8位:アン・ソンジュ(185.5pt)
9位:ペ・ヒギョン(177.0pt)
10位:藤本麻子(170.0pt)
11位:笠りつ子(167.5pt)
19位:イ・ボミ(133.5pt)
34位:三ヶ島かな(92.0pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)