【前半戦スタッツ振り返り】平均バーディ数は6位も…苦境に立つ渡邉彩香

【前半戦スタッツ振り返り】平均バーディ数は6位も…苦境に立つ渡邉彩香

開幕当初から一転、苦戦が続く渡邉彩香 後半戦は復調なるか(撮影:佐々木啓)

「アース・モンダミンカップ」を終えて1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。前半戦の成績をスタッツを見ながら振り返っていきたい。


1ラウンド当たりの平均バーディー数1位は3.8085を記録している鈴木愛。現在賞金ランク2位を走る23歳は平均ストローク、平均パット数でも共に1位。今季すでに2勝を挙げており、4年ぶりの日本人賞金女王の誕生が期待される。

2位には賞金ランク首位のキム・ハヌル(韓国)、僅差の3位に全美貞(韓国)、次いでテレサ・ルー(台湾)、申ジエ(韓国)と海外勢がトップ5中4人を占める。

同部門の上位勢は、他部門でも好成績を残している選手が多いが、3.3953で平均バーディ数6位の渡邉彩香はその中でも異色の存在だ。

パーオン率は64.47%で34位、パーセーブ率は80.74%で55位と共に振るわず。今年から計測されているフェアウェイキープ率に至っては48%で95位と、ショットの不安定さを露見させた。

今シーズン始めは何度も優勝争いを繰り広げた渡邉だが、4月の「サイバーエージェントレディス」での予選落ち以降、調子は下り坂へ。直近5試合で3度の予選落ち、「ヨネックスレディス」の2日目ではハーフ“48”を叩くなど苦境に立たされている。

しかし、イーグル数は3つでツアー2位。ドライビングディスタンスは250.15ヤードで7位と、持ち味はしっかりと発揮。自他ともに認める爆発力と安定感が上手くかみ合えば、今季初勝利も見えてくる。

【平均バーディ数ランキング】
1位:鈴木愛 3.8085
2位:キム・ハヌル 3.6744
3位:全美貞 3.6444
4位:テレサ・ルー 3.5532
5位:申ジエ 3.5278
6位:渡邉彩香 3.3953
7位:成田美寿々 3.375
8位:堀琴音 3.3488
9位:ペ・ヒギョン 3.3191
10位:アン・ソンジュ 3.2821
11位:菊地絵理香 3.2703
12位:笠りつ子 3.2609
13位:川岸史果 3.2391
14位:山城奈々 3.2353
15位:姜秀衍 3.1935
16位:森田遥 3.186
17位:イ・ミニョン 3.1778
18位:藤本麻子 3.1600
19位:上田桃子 3.1429
20位:大城さつき 3.1316
21位:イ・ボミ 2.9756

<ゴルフ情報ALBA.Net>