男子ツアーで半ズボン解禁! だけど、北海道は寒かった…

男子ツアーで半ズボン解禁! だけど、北海道は寒かった…

この日はあいにくの天気… 半ズボンはお預けに(撮影:赤澤亮丈)

<長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ 事前情報◇4日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7,178ヤード・パー72)>

国内男子ツアーは、約1か月のオープンウィークを経て北海道でツアーを再開。その初戦となる「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」は、新たな取り組みのスタートの場でもある。


日本ゴルフツアー機構は「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」「ダンロップ・スリクソン福島オープン」「ISPSハンダマッチプレー選手権(1・2回戦)」「RIZAP KBCオーガスタ」の夏場4試合に限り、練習ラウンドでの半ズボンの着用を認めるリリースを発表。規定では“ズボンは、長ズボンを着用する。短パンは、ハイソックスを着用したとしても不可”とされているが、この4試合に限って練習ラウンド、ドライビングレンジ、パッティンググリーンでの半ズボン着用が認められる。

初夏の北海道。さぞ軽やかないでたちの選手に会えるかと期待したが、この日は朝から雨が降るなど肌寒いコンディションとなったため半ズボン着用者を見つけることができなかった。聞けばコースに生息するブヨの存在も、着用に二の足を踏ませたようだ。

JGTO広報によれば、半ズボン着用は選手会からの要望ではなくツアー側からの発案という。近年の地球温暖化によるゴルフコースの高温化に考慮したもので、欧州ツアーなどは先駆けて練習ラウンドでの半ズボンの着用を認めている。選手の暑さ対策だけでなく、「半ズボンを着用した選手が露出することによって、若い層に向けてゴルフの敷居を下げる意図もあります(ツアー広報)」。

コースのレストランでは長ズボンに履き替えなければならない点など選手からは不便と感じる意見も出ているが、適用期間を含めて今後柔軟に対応していくという。明日5日(水)の千歳市の天気は曇りのち晴れで、気温は23度。選手達の半ズボンのお披露目は「ダンロップ・スリクソン福島オープン」になりそう?

<ゴルフ情報ALBA.Net>