池田勇太がまさかのクラブ超過で2打罰に、スタートホールはダボ

池田勇太がまさかのクラブ超過で2打罰に、スタートホールはダボ

池田、1番に2打罰がついたがその後は快調なプレーを披露!(撮影:村上航)

<長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ 2日◇7日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7,178ヤード・パー72)>


昨季の賞金王にまさかの事態だ。初日4位タイと好スタートを切った池田勇太だったが、この日の1番でバッグに15本のクラブが入っていたことが判明。ゴルフ規則4-4a クラブ超過のため1番に2打罰がついた。

関係者の話によれば、3番アイアンとユーティリティのどちらか選ぶ予定が、抜き忘れてしまったことが要因。1番のセカンドショットの際に気がつき、マーカーのチャン・キムに申告。不使用宣言し、1番に2打罰がかされた。

この結果パーであがっていたが1番はダブルボギーに。池田らしくない迂闊なミス、好スタートを切っていただけになんとも残念な事態となった。しかし池田は5番でバーディを奪うと、7番からは3連続バーディを奪取。巻き返しをみせ、トータル8アンダー暫定首位タイで後半のプレーに入った。


■規則4-4a
プレーヤーは、14本を超えるクラブを持って正規のラウンドをスタートしてはならない。プレーヤーの使用クラブは、そのラウンドのためにスタート時点で選んだクラブに限られる。ただし、プレーヤーが14本未満でスタートしたときは、合計して14本を超えなければ何本でも補充することができる。

■規則4-4aの罰
マッチプレー:違反が発見されたホールを終えた時点でのマッチの状態を、違反があった各ホールについて1ホールずつ差し引いて調整する。ただし、差し引くのは1ラウンドにつき最高2ホールまで。
ストロークプレー:違反があった各ホールに対し2打。ただし、1ラウンドにつき最高4打まで(違反のあった最初の2ホールに各2打の罰)。
マッチプレーとストロークプレーに共通:ホールとホールの間で違反が発見されたときは、終えたばかりのホールのプレー中に違反が発見されたものとみなされ、規則4-4aまたはbの違反の罰は次のホールに適用しない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>