「自分にあきれた」池田勇太、首位浮上もゴルフ人生初の“クラブ超過”でペナルティ

「自分にあきれた」池田勇太、首位浮上もゴルフ人生初の“クラブ超過”でペナルティ

2罰打からカムバック、首位まで駆け上がった池田勇太(撮影:村上航)

<長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ 2日目◇7日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7、178ヤード・パー72)>

迂闊なミスの後の怒涛の巻き返しは、まさに賞金王の貫禄。初日を4位タイと好位置でスタートした池田勇太は、1番ホールで「ゴルフ人生で初めて」というクラブ超過のミスで2罰打を受けながら、その後6バーディを奪い2日目を“68”でラウンド。トータル10アンダーの単独首位で決勝ラウンドに進んだ。


違和感を覚えたのは、スタートホールの1番セカンド地点。バッグの中に規則で決まっている14本より1本多い15本のクラブが入っている事に気付いた。スタート前までに3番アイアンとユーティリティのどちらかを選ぶ予定で、抜き忘れていたことが原因。「怒る気力もない。自分自身にあきれた」。すぐにマーカーのチャン・キム(米国)に申告、3番アイアンの不使用宣言を行い、ゴルフ規則4-4a クラブ超過により、パーであがっていた1番に2罰打が科された。

その影響もあってか、4番ホールまでは我慢のゴルフ。しかし、「いつかチャンスが来る」と思っていた5番のセカンドショット。約70ヤードをサンドウェッジでピンそば50センチにピタリ。ここをバーディとすると、その後の7番では80センチ、8番では1メートルのバーディパットを沈め迎えた9番ホール(パー5)。グリーン奥約3.5メートルのパットをきっちり決めて圧巻の3連続バーディ。さらに後半にも2つのバーディを奪い、6バーディ・1ダブルボギー。終わってみれば、2日間トータルで10アンダーにつけた。

「悪くないゴルフだったが、もう1つ2つは入れたかった」と、この日のプレーを振り返ったが、ケアレスミスからのナイスカムバックは、今季初優勝に向けて大きな意味を持つ。決勝ラウンドに向けてはバーディ合戦を予想し、「最後にトップじゃないと意味がない」と表情を引き締めた。


<ゴルフ情報ALBA.Net>