“66”の上原彩子、88→24位にジャンプアップ!「明日はもっとバーディを!」

“66”の上原彩子、88→24位にジャンプアップ!「明日はもっとバーディを!」

6バーディを奪った上原彩子、暫定24位タイまで駆け上がった(撮影:GettyImages)

<ソーンベリー・クリークLPGAクラシック 2日目◇7日◇ソーンベリークリーク(6,624ヤード・パー72)>

悪天候のためサスペンデッドとなった米国女子ツアーの新規大会「ソーンベリー・クリークLPGAクラシック」第2ラウンド。午前組で出た上原彩子が6バーディ・ノーボギーの“66”をマーク。88位から暫定24位タイまで順位を上げた。


前半2番パー3から早速バーディを先行させると、5番パー4・9番パー5と快調にスコアを伸ばした上原。後半でも勢いは衰えず、出だし10番、上がり2ホールで連続バーディを奪取し日本勢トップの好位置まで駆け上がった。

「ショットも良い感じ、パッティングも昨日より入った」と、会心のプレーに思わず笑みがこぼれた。同組のジェイ・マリー・グリーン(米国)、ジョージア・ホール(イングランド)もそれぞれ“66”、“68”とリズムよくラウンド。同伴者にも恵まれ、バーディの山を積み上げた。

一方で「もっといっぱいチャンスがあった」。決めきれなかった好機に悔しさものぞかせた。「スコアが伸びるコース。明日はもっとバーディーを取りたい!」と今季初のトップ10入りへ鼻息も自然と荒くなる。

上原と共に参戦している日本勢は、横峯さくらが15ホールを消化し、トータル1オーバー暫定109位タイ、畑岡奈紗が9ホールを残しトータル3オーバー119位タイと予選突破は難しい状況。野村敏京も現時点のカットライン「-3」に1打届かず2日目を終えている。

ともすれば、単身週末の戦いに乗り込むことになる上原。好調キープで優勝争いに絡めるか、残り2日間のプレーに期待が高まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>