第2ラウンドが終了 キャサリン・カークが首位、日本勢は上原彩子のみ予選突破

第2ラウンドが終了 キャサリン・カークが首位、日本勢は上原彩子のみ予選突破

上原のみが予選を突破、他の日本勢は予選落ちとなった(撮影:GettyImages)

<ソーンベリー・クリークLPGAクラシック 2日目◇7日◇ソーンベリークリーク(6,624ヤード・パー72)>

米国女子ツアーの新規大会「ソーンベリー・クリークLPGAクラシック」は昨日順延となった第2ラウンドが終了。トータル13アンダーのキャサリン・カーク(オーストラリア)が首位で大会を折り返した。


1打差の2位にサンドラ・ガル(ドイツ)、3打差の3位にジェイ・マリー・グリーン(米国)がつけた。

日本勢はトータル6アンダーの28位タイにつけた上原彩子が予選を突破。野村敏京、横峯さくら、畑岡奈紗は予選落ちとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>