F・シャンシャンが完全V王手、韓国のアマが1打差2位 野村敏京10位、宮里藍は36位

F・シャンシャンが完全V王手、韓国のアマが1打差2位 野村敏京10位、宮里藍は36位

宮里藍は36位で最終日へ(撮影:村上航)

<全米女子オープン 3日目◇15日◇トランプナショナルGC(6,732ヤード・パー72)>

米国女子メジャー「全米女子オープン」の第3ラウンドが行われ、今季限りの引退を表明している宮里藍は1バーディ・2ボギーの“73”とスコアを1つ落としてトータル2オーバー・36位タイで最終日を迎えることとなった。


トップはトータル9アンダーのフォン・シャンシャン(中国)。フォンは17番までパーを並べる展開が続いたが、ようやく18番でバーディを奪取。頭1つ抜け出して、完全優勝に王手をかけた。

1打差の2位タイには韓国のアマチュア、チェ・ヘジンとエイミー・ヤン(韓国)。アマチュアが優勝することになれば、67年のカトリーヌ・ラコスト(フランス)以来、40年ぶり。史上2人目の大記録となる。

トータル4アンダー・6位タイから出た野村敏京はパットを決められず“73”。スコアを1つ落としてトータル3アンダーの10位タイグループ。葭葉ルミはノーバーディ・2ボギー・1ダブルボギーと大乱調でトータル4オーバー・51位に後退している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>