ブライソン・デシャンボーが逆転でツアー初V!全英の出場権も獲得

ブライソン・デシャンボーが逆転でツアー初V!全英の出場権も獲得

ゴルフの科学者、デシャンボーがツアー初優勝!(撮影:GettyImages)

<ジョン・ディア・クラシック 最終日◇16日◇TPCディアラン(7,268ヤード・パー71)>

米国男子ツアー「ジョン・ディア・クラシック」の最終日。首位と4打差の5位タイから出た23歳のブライソン・デシャンボー(米国)が7バーディ・1ボギーの“65”をマーク。スコアを6つ伸ばす猛チャージでトータル18アンダーでフィニッシュし、逆転で嬉しいツアー初優勝を挙げた。


この勝利でデシャンボーは来週開催されるメジャー「全英オープン」の出場権も獲得。すべてのアイアンのシャフト長を揃えるなど、独自の理論で戦う“ゴルフの科学者”。この優勝でまた注目が集まりそうだ。

首位からスタートしたパトリック・ロジャース(米国)は終盤の17番でボギーを叩き、デシャンボーに1打及ばず2位に。2打差の3位タイにはウェズリー・ブライアン(米国)とリック・ラム(米国)が入った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>