日本語は勉強中です!昔は京都弁を話してたのに…(笑)【スイートハートのAtoZ】

日本語は勉強中です!昔は京都弁を話してたのに…(笑)【スイートハートのAtoZ】

中国時代に撮ってもらった写真です! この時よりは日本語も上達したかな…

国内女子ツアーで人気急上昇中のツアールーキー、セキ・ユウティン(中国)にスポットを当てる「スイートハートのAtoZ」。今回は日本語の勉強について話してもらった。


中国国籍のユウティンは福井県生まれ。仕事の都合で父・越東さんが日本に来ていたときに誕生した。5歳まで福井県、京都府などで過ごし、その後は中国に渡り成長。その間に普通に話していた日本語は抜けてしまった。

「その頃は“京都弁”をしゃべっていたそうですが、すっかり忘れてしまって(笑)。今は声をかけていただけるファンの方とのコミュニケーションをとれるように、しっかりと受け答えできるように、毎日日本語を勉強しています」と話すユウティン。1年後にインタビューを受けたときに、恥ずかしくないように計画的に勉強しているという。

「1日20分、休みの日は1時間。中国で売られている日本語の勉強用の本を教科書に、問題集を解いて、普段使わない単語を覚えています。あとは日本の高校に通っている妹に教えてもらったりもしています。家族の中で妹が一番日本語の発音がうまいんですよ(笑)」

日々の努力のおかげで着実に日本語の力がついてきた。「だんだん成長できて、お手紙を書くことも少しできるようになってきました。つい最近では、車のなかでお母さんと“ここから日本語タイムをしましょう”という挑戦もしました(笑)。まだ話すのは恥ずかしいですけど、そうしないと覚えないですからね」と、中国で日本語の先生をしていた母親との訓練も行っているんだとか。

一番好きな日本語は“敬語”だという。「難しくて覚えるのも大変なのですが、日本語の一番いいところだと思っています。人に対して、尊敬の念を言葉で表すことができるのはとても素晴らしいことですね。早く覚えられるように頑張ります!」

■セキ・ユウティンプロフィール
セキ・ユウティン(石・立の下に日、女へんに亭)/1998年3月5日生まれ、福井県出身。中国人の両親から福井県で生まれ、5歳まで日本で育つ。その後、中国へと渡り妹と共にアマチュア時代から美人ゴルフ姉妹として活躍。16歳の時に出場したアジア太平洋のアマチュアゴルフ団体戦「クイーンシリキットカップ」では、当時の日本代表・勝みなみ、森田遥らを退けて個人優勝を果たし、中国を団体2位に導いた。2016年の中国女子ツアーでは3月に初勝利を挙げるなど賞金ランク1位。中国期待の新星はさらなるレベルアップを目指して日本ツアーの門をたたいた。端正な顔立ちに加え、笑顔が多く女性らしいかわいらしい声から“スイートハート”の愛称で親しまれている。171cm・63kg。

<ゴルフ情報ALBA.Net>