全英の裏トーナメントに石川遼、岩田寛が出場 V争いなるか

全英の裏トーナメントに石川遼、岩田寛が出場 V争いなるか

窮地に立っている石川遼、起死回生のチャンスを掴めるか(撮影:GettyImages)

<バーバゾル選手権 事前情報◇19日◇RTJトレイル(7,302ヤード・パー71)>

米国・アラバマ州のRTJトレイルにて、米国男子ツアー「バーバゾル選手権」が現地時間20日(木)より開幕。英国のロイヤルバークデールで幕を開ける「全英オープン」の裏トーナメントとなる。


メジャーと同時開催のトーナメントでは、ツアー初優勝者が多く誕生することが通例であるが、今大会においては昨年のアーロン・バデリー(オーストラリア)、一昨年のスコット・ピアシー(米国)と、過去2年の優勝者はいずれも3年ぶりの復活Vを叶え、カムバックの歴史を作り上げてきた。

そのような背景もあり、米ツアーの公式サイトで発表された優勝予想ランキングでは、初優勝を狙う若手・再起を図るベテランが入り乱れることになった。

1位にはツアールーキーのトレイ・マリナックス(米国)がランクイン。6月の「フェデックス・セントジュード・クラシック」で18位タイ、次週の「全米オープン」で9位に入るなど好調。今季ドライビングディスタンス7位(308.6ヤード)の若き飛ばし屋が初の栄冠を掴むか。

2位には10年ぶりのツアー5勝目を目指すチャド・キャンベル(米国)、3位には22年ぶりに全英行きを逃した“ミスター58”、ジム・フューリク(米国)ら歴戦の猛者が続いた。

日本からは石川遼、岩田寛が出場。公傷制度によりツアーに参戦している石川にとって、残された試合数は今大会は含め「3試合」。上位フィニッシュを狙える最後にして最大のチャンスをモノにできるか。

【優勝予想ランキング】※()内は世界ランク
1位:トレイ・マリナックス(240)
2位:チャド・キャンベル(162)
3位:ジム・フューリク(86)
4位:ダニエル・サマーヘイズ(93)
5位:ベン・マーティン(201)
6位:チェソン・ハドリー(271)
7位:デビッド・ハーン(197)
8位:ロビー・シェルトン(489)
9位:サム・ソーンダース(329)
10位:ドミニク・ボゼリ(167)

<ゴルフ情報ALBA.Net>