岩橋里衣がMVPレース54位に急浮上 上位陣は変動なし

岩橋里衣がMVPレース54位に急浮上 上位陣は変動なし

先週に大健闘を見せた岩橋里衣がランキング急浮上を果たした(撮影:佐々木啓)

<メルセデスランキング>

国内女子ツアー競技の各大会での順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するメルセデス・ランキング。1位(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の選手には、翌シーズンからの3年シードを付与される。


国内女子ツアー「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース」終了時の最新ランキングが発表された。キム・へリム(韓国)が日本ツアー初参戦、初優勝を飾ったことや、ランキング首位のキム・ハヌル(韓国)や同2位のイ・ミニョン(韓国)、同3位の鈴木愛らが「全米女子オープン」に出場したため、上位陣のランキングに変動はなかった。

サマンサタバサ−で5位タイフィニッシュの堀琴音が10位から3ランクアップの7位。プロ入り後自己最高となる2位タイに入った岩橋里衣が70位から54位までジャンプアップしている。

また、最終日にスコアを2つ縮め、15位タイでフィニッシュしたアン・シネ(韓国)は103位から95位に。昨年のMVPイ・ボミ(韓国)は、1つ順位を上げ21位となっている。

【メルセデスランキング】
1位:キム・ハヌル(315.5pt)
2位:イ・ミニョン(263.0pt)
3位:鈴木愛(242.5pt)
4位:上田桃子(240.5pt)
5位:テレサ・ルー(221.0pt)
6位:全美貞(213.0pt)
7位:堀琴音(200.5pt)
8位:川岸史果(195.5pt)
9位:アン・ソンジュ(185.0pt)
10位:ペ・ヒギョン(185.0pt)

21位:イ・ボミ(136.5pt)
54位:岩橋里衣(77.0pt)
95位:アン・シネ(37.5pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>