世界No.1の飛ばし屋・葭葉ルミの“裏ワザ”とは?

世界No.1の飛ばし屋・葭葉ルミの“裏ワザ”とは?

“世界”の葭葉ルミがツアー2勝目へ邁進する(撮影:佐々木啓)

<センチュリー21レディスゴルフトーナメント 事前情報◇20日◇瀬田ゴルフコース 西コース(6,567ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「センチュリー21レディス」の練習ラウンドが本日20日(木)に行われ、先週の「全米女子オープン」でドライビングディスタンス1位に輝いた葭葉ルミがコースへ姿を現し、ぶっ飛びショットを披露して好調ぶりを見せつけていた。


全米女子オープンで戦った感想を葭葉は、「アメリカツアー出場は2回目ですが、本当に楽しかったです。1年に1回くらいしか行けないので、本当にやりがいがありました。やっぱり飛距離1位は最後はなりたかったので、最終日は狙っていったし思い切り振っていきました。練習ラウンドで(飛ばし屋の)レクシー・トンプソンと回りましたが、何回かオーバードライブできたので自信にもなりました」。結果以上に大きな手ごたえを得た4日間だった。

そんな葭葉には飛ばしの“裏ワザ”があるという。「お腹に力を入れて声を出してスイングすると飛距離が5〜10ヤードアップしますよ。オフは練習場でやっていたので、アマチュアにもオススメですよ。まだ私は試合でやっていない奥の手ですけど(笑)」。まだまだ飛距離アップの余地を残しているというのだから驚きだ。

しかし、全米女子オープンでは大きな課題も見つかった。同じ飛ばし屋のレクシーは低スピンの中弾道で飛ばせるタイプ。葭葉自身は高弾道で打つタイプのため、強風の吹く海外のコースではショットの安定性に欠いたという。

同時に自身のストロングポイントも明確となった。ティショットの飛距離で圧倒できれば、セカンドショットで打つクラブはより楽に打てる短い番手となり、それがスコアメイクに直結する。

今大会はグリーンが比較的小さいため、セカンドショットの精度が上位進出へ向けての鍵を握る。「常にアグレッシブに攻めていけば、ツアー2勝目も見えてくる」(葭葉)。世界NO.1の称号を引っさげた飛ばし屋・ルミ。今週も豪快ショットで大会を盛り上げる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>